四日市で歯医者をお探しの方はしばた歯科へ

notitle

当院のインプラント治療は、
精密な診断と確実な治療設計を行っております。

ORTHOPHOS SL 3D 歯科用CT

ORTHOPHOS SL 3Dは医療機器先進国ドイツで生まれた高機能な歯科専用CTスキャンです。
わずか1回14秒の撮影で、診断に必要な立体像・パノラマ像・セファロ画像、スライス断面などを2Dや3D画像で抽出することが可能です。

これらの画像は、虫歯や歯周病の治療、インプラントなどの外科手術、歯並びや咬み合わせの矯正治療など、ほぼ全ての歯科治療において応用でき、的確な診断と効率の良い治療計画に反映することができます。

また、ORTHOPHOS SL 3Dの被ばく量は世界最少クラスなので、患者さまにも優しく、安心して検査を受けていただけます。

CmG(Cerec meets Galaxis)

当院では、歯科用CAD/CAM「セレック」と歯科用CT「ORTHOPHOS SL 3D」を連動させ、インプラント治療がより円滑に進められるようにしております。

CmGのメリットは、3D診断ソフト「ギャラクシス」による精密な診断とセレックにて光学印象を採取し、手術する前から患者様の歯の完成形が画面上にてご覧いただけることです。
このシステムを導入することにより、患者様への負担も軽減されました。

サージカルステント

 

当院のインプラント治療は、CmGをもとにプランニングしたインプラント計画をより確実、安全に行う為にサージカルステントを使用しています。

 

サージカルステントとは、インプラントの埋入位置や埋入方向をガイドするための道具です。当院ではCT等の精密な検査で埋入方向や埋入位置を決め、歯型を取りプラスチックで製作します。

 

 

セレック

セレックは3D光学カメラで撮影した口腔内画像を立体解析して、インレー(詰め物)やクラウン(かぶせ物)、インプラントの上部構造物(人工歯)を、コンピュータ制御による装置で自動的に削りだすCAD/CAMシステムです。

コンピュータシステムによる効率化が、高品質なセラミックス材を使用するインプラント治療に正確性とスピードをもたらしてくれました。